中高年出会い口

8月 - 05 2016 | By

出会い系を使う人々にお話を伺うと、大多数の人は、孤独に耐え切れず、つかの間の関係が築ければそれでいいという捉え方で出会い系サイトをチョイスしています。
言ってしまえば、キャバクラに行く料金をかけたくなくて、風俗にかけるお金もかけたくないから、タダの出会系アプリで、「乗ってきた」女性で手ごろな価格で間に合わせよう、とする男性が出会系アプリという道を選択しているのです。
それとは反対に、女性陣営では異なったスタンスをしています。
「どんな男性でもいいから、服も買ってくれて料理がおいしい人を彼氏にしたい。出会い系をやっている男性は皆そろってモテないような人だから、女子力不足の自分でも手のひらで踊らせるようになる可能性は高いよね!ひょっとしたら、タイプの人がいるかも、気持ち悪い人は無理だけど、タイプな人なら会ってもいいかな。女性は皆、このように考えています。
簡潔に言うと、女性は男性の見栄えか経済力がターゲットですし、男性は「安上がりな女性」を求めて出逢い掲示板を使いこなしているのです。
二者とも、できるだけ安くお買い物がしたくて出会いを願っているようなものです。
そのようにして、出会系アプリを使用していくほどに、男達は女を「商品」として捉えるようにになり、女達も自らを「もの」として取りあつかうように考え方が歪になっていくのです。
出会い系サイトを利用する人のスタンスというのは、じんわりと女をヒトではなく「物」にしていく類の狂気的な「考え方」なのです。
この前の記事の中では、「出会系ランキングで結構盛り上がったので、会うことにしたら犯罪者だった」という体験をされた女性の話をしましたが、結局その女性がどうしたかというと、その男性を嫌うのではなく付き合うことになったのです。
当事者として、「普通の男性とは違って、恐ろしさから断れずその時は一緒にいくしかなかった」と思ったそうですが無料出会い系じっくりと女性に話を聞いたら、魅力的な所もたくさんあったので分かれようとしなかったようなのです。
その彼がどういった罪だったかというと、大ぶりとも言える長さの刃物で自分の親を傷つけたという出来事だったそうで、危険だと感じてもおかしくないと思う場合もあるでしょうが、感じの悪い部分がなかったようで、女性などへの接し方は問題もなく、緊張する事もなくなって、お互いに恋人として思うようになったのです。
その男性と付き合いが続いたかというと、時々おかしな動きをする場合があったので、自分から勝手に家を出ていき、二度と会わなくて済むようにしたと本人は言っていました。
何か特別な言動がなくても落ち着くことが出来ないので、同棲生活を送っていましたが、話し合いなどしないまま出来るだけ急いで出ていったということですが、見た目や雰囲気の怖さがあったという部分も確かにあったようですが、お互いに言い争う事になると、手を出す方が早かったり、激しい暴力に訴えるような素振りをする事が増えたから、お小遣いなども渡すようになり、要求されれば他の事もして、しばらくは生活をしていったのです。

関連記事

Comments are closed.