新宿二丁目で水商売をしているE浮気なせふれ達

6月 - 28 2016 | By

筆者「手始めに、5人がせふれサイトを利用して女性を探すようになったきっかけを全員に聞きたいと思います。
集まってくれたのは、高校中退後、五年間巣篭もり生活をしているA、せどりで収入を得ようと考えているもののまだ上手くはいっていないB、小さな芸能プロダクションでレッスンを続けて、ゆくゆくはアクション俳優になるというC、出会い系サイトマスターをと自信満々の、フリーターのD、五人目の、新宿二丁目で水商売をしているE。
みんな二十代はじめです。
A(自宅パトロール中)「俺はずっとパソコンばっかりしてて、ネットを浮遊しててすごいタイプの子を見つけて彼女の方からメッセージくれて、そこであるサイトのIDをつくったら、直接コンタクト取ろうって話だったので、アカウント取ったんです。それからはメッセージも来なくなっちゃったんです。言うても、他にも可愛い人出会えたので」
B(内職中)「登録してスグはやっぱり、自分も直メしたくて。見た目で惹かれてどストライクだったんです。仲良くなりたいからサイト登録してそのサイトってのが、サクラの多さで話題のところだったんですけど、女性会員ともやり取りできたので、そのまま続けて使い続けています。
C(俳優になる訓練中)「私はですね、演技の幅を広げようと思ってアカ取得しました。出会い系サイトを利用するうちにのめり込んでいく人物の役をもらってそれから自分も利用するようになりました」
D(ティッシュ配りのバイト)「僕はですね、友人で早くから使っていた人がいて、感化されて始めた感じですね」
それから、最後となるEさん。
この人についてですが、ニューハーフなので、ハッキリ言って1人だけ特殊でしたね。
独身者が集まるサイトは、仮の請求などの悪質な手口を試して利用者の持ち金を取り上げています。
その手段も、「サクラ」を動員したものであったり、利用規約の実体が違法のものであったりと、種々の方法で利用者を丸め込んでいるのですが、警察が泳がせているケースが多い為、まだまだ露見していないものが少なからずある状態です。
その中でも、最も被害が顕著でせふれ 恋愛危険だとイメージされているのが、児童との売春です。
当然児童買春はご法度ですが、出会い系サイトの反主流的で非道な運営者は、暴力団と合同で、故意にこの児童を使ったやり方で利用ユーザーから大金を奪い去っています。
このケースで周旋される女子児童も、母親から送りつけられた輩であったり面倒な事情のある人物であったりするのですが、暴力団は僅かな利益の為に、機械的に児童を売り飛ばし、出会い系サイトと合同で売上を出しているのです。
止むを得ない児童以外にも暴力団と交流のある美人局のような子供が使われている状況もあるのですが、かなりの暴力団は、女性を売春対象にして使うような犯罪を実践しています。
実際には火急的に警察が統制すべきなのですが微妙な兼ね合いがあって未だに取締りの対象にならないのが実態なのです。
D(ナイトワーカー)「高級なバッグとか気前のいい人多いですよ。あたしもそうなんだけど、何人かまとめて同じ誕プレ頼んで自分用とあとは現金に換える
筆者「そうなんですか?プレゼントオークションに出すんですか?」
D(キャバクラで稼ぐ)「けど、皆も質に流しますよね?飾ってたって役に立たないし、流行っている時期にコレクションにされるなんてバッグだってうれしいっしょ」
E(国立大に通う十代)すみませんが、わたしなんですが、質に出しますね」
C(銀座のサロン受付担当者)ネットの出会いでそういう使い方知りませんでした…私はまだまだトクしたことはないです」
筆者「Cさんは他の人とは違う経験をしているみたいですね。出会い系サイトのなかにはどんな目的の男性をおしゃべりしたんですか?
C「高級品を送ってくれる連れて行ってもらってないです。多くの場合、パッと見ちょっとないなって感じで、セックスが目的でした。わたしにとって、出会い系サイトは怪しいイメージも強いですが、彼氏が欲しくてメッセージ送ったりしてたのにいきなり求められるのは不愉快でした」
筆者「せふれサイトを利用して、どんな異性と期待しているんですか?
C「一番いいのは、言えば、医療関係者とか弁護士の方とか国立大在学中のエリートコースを歩んでいる人といっしょになりたいんです。
E(国立大に在籍中)わたしはですね、国立大で勉強していますが、せふれ掲示板だって、出世しそうなタイプはいる。とはいえ、大抵はパッとしないんですよ。」
取材から分かったのは、オタクへの嫌う女性はなんとなく少なからずいるようです。
クールジャパンといって大分浸透してきたとかに思われがちな日本でもまだオタクを恋愛対象として感覚は言えるでしょう。

関連記事

Comments are closed.