ピルで病気治療

一般的にピルという時、それは経口避妊薬を指すことが多いようです。
ピルは主に排卵をとめることで避妊効果が現れます。ピルには2種類の女性ホルモン剤が含まれています。その2種類の女性ホルモン剤を毎日飲むことで、身体の中の女性ホルモンの状態がまるで妊娠している女性と同じかのような状態になります。
つまり偽妊娠状態が作られるわけです。ピルは妊娠すると排卵がとまってしまうという女性の身体の自然の摂理を利用したお薬なのです。
そのピルですが、昔は含有されるホルモン剤の用量が多かったために、血栓症などの副作用が確認されていたため、医療現場でも患者さんの治療には使いにくいという弱点がありました。そこで、排卵をとめて避妊するという本来の目的を損なわず、副作用だけを軽減しようと、含有するホルモン剤の用量が少ないものが開発されました。それが低用量ピルというわけです。
以前使われていたピルは、高用量ピル、中用量ピルという言い方で今でも医療現場で使われています。今は避妊目的ではなく、主に病気の治療に使われることが多いです。現在では、ピルは避妊薬であるのと同時に、病気の治療として薬 通販されています。
低用量ピルを処方する女性の病気は、実は少なくありません。子宮内膜症、月経困難症、月経前症候群、月経不順、過多月経などが低用量ピルによる治療が行われている代表的な疾患・症状です。

Copyright(c) 2014 避妊薬には凄い力がある All Rights Reserved.